ストレスでニキビがおでこに!リラックス効果のあるケアを

生理前ニキビが大量発生する原因と予防対策方法を解説します。生理前になると絶対にニキビができて治らない症状に悩んでいるときは参考にしてください。漢方薬や低用量ピルも紹介しています。

ストレスでニキビがおでこに!リラックス効果のあるケアを > 生理前のニキビ大量発生の原因はホルモンの乱れ!予防方法は?

生理前ニキビが大量発生する原因と予防対策方法を解説します。生理前になると絶対にニキビができて治らない症状に悩んでいるときは参考にしてください。漢方薬や低用量ピルも紹介しています。

生理前は絶対にニキビができる!

「生理前になると絶対にニキビができる」
「外出したくなくなるから誘いも断っている」

生理前になると毎回のように大量発生するニキビも多くの女性の悩みです。生理が来ると治る時もあれば生理後まで長引いてなかなか治らなかったり、生理前ニキビの悪化のせいで肌がキレイにならないという方も多いのではないでしょうか。

このページでは生理前のニキビ大量発生の原因と、予防方法・治し方について解説していきます。

「生理前のニキビさえできなくなればどんどん肌の調子が良くなっていきそう」

このように感じる方はぜひ参考にしていってくださいね。

生理前ニキビの原因は女性ホルモンの乱れ

生理前のニキビ大量発生の原因は生理周期に伴う”女性ホルモンバランスの乱れ”にあります。

まずはこちらのグラフを見てみてください。



これは、生理周期による女性ホルモンバランスの変化が”正常な場合”のグラフとなります。

排卵日以降の生理前(黄体期)になると、黄体ホルモンと呼ばれる”プロゲステロン”が増加して、卵胞ホルモンの”エストロゲン”が減少します。

エストロゲンは肌にハリや潤いを保つ美肌ホルモンですが、エストロゲンが生理前に減少することで乾燥し、毛穴のターンオーバーが低下して詰まりを引き起こしやすくなります。

そこに増加したプロゲステロンが持つ皮脂分泌作用の影響で毛穴が詰まることで生理前のニキビの原因となります。
 

もっと女性ホルモンバランスが崩れている


これまで説明したきた女性ホルモンバランスの変化は”正常な場合”です。生理周期に伴う女性ホルモンバランスは正常な変化でも肌荒れを起こしやすい方向へと傾きます。

でも、生理前になっても肌がキレイなままの人もいれば、当ページをご覧のあなたのように、生理前のニキビにわざわざ悩まなくてはならない人もいます。

この違いがどこから来るのか突き止めなければ、本当の生理前ニキビの原因は分かりませんよね。
 

ストレスによってホルモン分泌が乱れている


まず最初に考えられる原因はストレスによってホルモン分泌がさらに乱れているということです。

ストレスは抗ストレスホルモンや男性ホルモンなどの分泌を増やすほか、睡眠時の成長ホルモンや女性ホルモンの分泌にも悪影響を与えて肌荒れの原因となります。

ストレスが多いと生理前の女性ホルモンの変化がより大きくなり、エストロゲン減少とプロゲステロン増加の幅が大きくなればニキビ大量発生の引き金となってしまいます。

ストレスの感じ方やどんなストレスの原因を抱えているか?は人によって大きく違うため、ストレスが生理前のニキビ大量発生の有無を決定づけている可能性が大です。

「生理前は大丈夫だった時は生理後になると必ずニキビができる」

という時もストレスによるホルモンの乱れが原因となっていると考えて良いでしょう。
 

肌のバリア機能が保てていない


もう一つ大きな原因として考えられるのは、普段のケアでバリア機能を強く保つことが出来ていないということです。

生理前以外はニキビができないという場合には、今使っているスキンケアはまずまずと言えるかもしれません。しかし、生理周期になるとニキビができてしまうということはベストな化粧品とは言えないかもしれません。

本当に肌に合った理想的な基礎化粧品を使ってスキンケアを行っていれば、生理前の女性ホルモンの影響で肌が乾燥肌に傾き皮脂分泌が増えたところでそう簡単にニキビは増えません。

「今のまま生理前にニキビができるようでは意味がない」

と感じる時には思い切って化粧品の変更を考えてみても良いと思いますよ。

生理前ニキビの予防・対策方法

生理前のニキビが大量発生する原因が分かれば、後は1つずつ対策していくだけです。原因から叩いて対処していくことで症状の改善と予防へとつなげていきましょう。
 

ストレスを減らす


生理前のニキビがストレスによる大きな”女性ホルモンバランスの乱れ”によって引き起こされている場合、ストレスを少しでも減らす工夫を生活の中に取り入れることが必要になります。

ストレスがマックスの状態で、スキンケアや薬だけで生理前ニキビを治すというのは正直なかなか難しくなってきてしまいます。

・散歩
・アロマ
・ヒーリングミュージック
・カラオケ

などストレス対策を積極的に行っていく意識を持ちたいですね。忙しい時や疲れている時、気持ち的に余裕がないときでも必ず何か出来るストレス発散方法があるはずです。

ストレス発散方法はこちらの記事も参考にしてください。
 

スキンケアを変更する


生理前になってもニキビができない強い肌を手に入れるために、より成分にこだわったスキンケア化粧品へと切り替えることも有力な選択肢の1つとなります。

バリア機能を作るために3種セラミド・スクワラン・プラセンタ・ヘキサペプチドなど高級保湿成分が配合された大人ニキビ化粧品が良いでしょう。

さらに女性ホルモンのバランシングやストレス発散効果もあるダマスクローズウォーターも配合されているラミューテ化粧品は生理前ニキビ対策としてこれ以上はないスキンケアとなっています。
 

漢方薬や低用量ピル


生理前のニキビ以外にも不正出血や気持ちのムラ、集中力の低下など色々な不調(PMS:生理前症候群)が出てしまうときには漢方薬を使って少しずつ体質改善を図ったり、低用量ピルを婦人科で処方してもらい症状を抑えていく方法も効果的です。

生理前ニキビに効果的な漢方薬としては、

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
・桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

があります。


また、ストレス性のおでこニキビに対しても効果が期待出来る漢方薬としては、

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

があります。


低用量ピルで人気が高いのは、

・マーベロン
・トリキュラー

です。ピルは運が悪いと副作用が出てしまうこともあるので、必ず医師の処方と指導の下で活用していきましょう。